プロフィール

長崎県議会議員
自民党長崎県連幹事長

山本 啓介

昭和50年6月21日生(46歳)
長崎県・壱岐市出身

座右の銘

「不惜身命」
命や身体も惜しむことなく、全力でことに当たること。

好きな食べ物

壱州豆腐・壱岐焼酎・かますの塩焼き

壱岐の好きな場所は

川口橋(芦辺町・谷江川)- のんびりした雰囲気がとても気に入っています。

尊敬する人物

松永安左エ門 – 日本の電力の普及と振興に努め、その鉄のような固い意志とあふれる先見性により、日本の産業経済発展の礎を築きました。

仕事をする上で心がけていること

スピードと仕掛けづくりのバランスが大事だと思っています。いろんなことをつなげて、より広く効果を生むように心がけています。

資格

中学・高等学校教諭1種免許 国語
神社本庁神職資格 明 階位
高校卒業まで壱岐に育ちその後、三重県伊勢市にある皇學館大學で4年間国文学・神道を学ぶ。 小中高大と剣道部に所属し段位は3段。

平成3年3月芦辺町立田河中学校 卒業
平成6年3月長崎県立壱岐高等学校 卒業
平成11年3月私立皇學館大學文学部国文学科 卒業
平成11年3月衆議院議員虎島和夫 秘書
平成12年7月防衛庁長官虎島和夫 公設第1秘書
平成15年11月衆議院議員虎島和夫引退
平成15年11月衆議院議員谷川弥一 公設第2秘書
平成18年8月衆議院議員谷川弥一事務所 退職
平成19年4月長崎県議会議員選挙出馬 落選
平成23年4月長崎県議会議員選挙壱岐市選挙区 当選
山本啓介長崎県議会議員の幼少期

幼少期

山本啓介長崎県議会議員の青年時代

青年時代

虎島和夫氏と山本啓介

23歳 | 衆議院議員虎島和夫氏の秘書

大学卒業後、上京し故虎島和夫先生の秘書として国会事務所に勤務する。
防衛庁長官就任の際、公設第1秘書となる。
虎島先生引退後、後任である谷川弥一代議士のもと、 公設第2秘書として引き続き国会事務所にて勤務し、平成18年8月15日をもって退職する。

山本啓介氏選挙

35歳 | 長崎県議会議員に

平成23年統一地方選挙長崎県議会議員壱岐市選挙区において、9494票で初当選。(平成23年4月30日任期~)
平成27年4月3日告示長崎県議会議員選挙 無投票で当選(2期目)
平成31年3月29日告示長崎県議会議員選挙 無投票で当選(3期目)

2000年前に世界の情報や技術や人や文化が交じりあっていた原の辻。インドの情報通信企業を誘致することで、現代に国際都市「一支国」をよみがえらせたいと考えています。

役職歴

年度 役職・所属委員会 自由民主党長崎県連
平成23年度 文教厚生委員会/離島半島地域振興特別委員会/県政改革特別委員会 青年部長/政調副会長
平成24年度 総務委員会/離島半島地域振興特別委員会 青年部長/政調副会長
平成25年度 文教厚生委員会 副委員長/離島半島地域振興特別委員会 委員長 青年部長/政調副会長
平成26年度 環境生活委員会 委員長/人口減少・雇用対策特別委員会 政調副会長
平成27年度 総務委員会 委員長/議会運営委員会 組織委員長/政調副会長・総務副会長
平成28年度 文教厚生委員会/離島半島地域振興特別委員会 委員長 組織委員長/政調副会長・総務副会長
平成29年度 総務委員会/離島半島地域振興特別委員会 副委員長 総務副会長/財務委員長
平成30年度 農水経済委員会/離島半島地域振興特別委員会/予算決算委員会 副委員長 総務副会長/財務委員長
平成31年・令和元年度 文教厚生委員会/議会運営委員会副委員長 総務会長
令和2年度 総務委員会/離島半島地域振興特別委員会 総務会長/長崎県議員懇話会会長
令和3年度 総務委員会/議会運営委員会 幹事長
令和4年度 文教厚生委員会/議会運営委員会 幹事長
山本啓介facebook
山本啓介instagram
山本啓介twitter